Dify 201: 絶対に失敗しないDify

Dify 201: 絶対に失敗しないDify

通常価格 ₩754,000

Dify 201で目指しているのは「絶対に失敗しないDify」です。Dify 201は、Dify 101に最新Difyがインストール済みの仮想環境(Virtual Machine、VM)がついているプログラムです。VMには前もって、OpenAI(月額20ドルの上限)とCohereのAPIキーも登録されているので、Difyをすぐ始めることができます。VMは2vCPU、8GBメモリ、128GB HDD(月額13385円相当)と絶対に失敗しないレベルのスペックです。


また、VMはドメインとHTTPSの設定も完了状態ですので、Difyをより安全な環境で利用することができます。ドメイン名は「OOO.choibu.xyz」の形で作られます。例えば、abz.choibu.xyz。最初の3つの文字はランダムで生成されます。ご希望の方はご自分のドメイン名で設定することも可能です。

Dify 101の詳細は下記の内容を参考にしてください。
---
これから一番注目を集めるトレンドの一つが複合AIシステム(Compound AI System)です。「複合AIシステム(略して、CAIS)」とは、言語モデルの呼び出しや検索機能、外部ツールなど、さまざまな要素が組み合わさって機能するシステムのことです。


Difyの詳細と特徴をまとめたnoteをシェアしますので参考にしてください。

CAISの中でも注目したいのがDifyです。Dify 101のプログラムでは5回の個別面談を通じて、Difyのインストールから始め、RAGの実装や、クラウドへのデプロイまで学べるようになっています。海外からの参加も大歓迎です。

そして、Difyを使えば、Govbotのようなサイトも3時間あれば作れる。詳細をまとめたnoteですので合わせて参考にしてください。

---

◾️Dify 201プログラムに含まれる内容

①30分、5回のオンラインミーティング*
②クラウド環境(Azure: 2vCPU, 8GBメモリ, 128GB HDD、月額13385円相当)
・VM(仮想マシン)は、22, 80, 443と3つのポートからアクセスできます。
③OpenAI(月20ドル上限)、CohereのAPIキー
④ドメイン(例、abc.choibu.xyz)+ HTTPSの設定

※重要:ミーティングの有効期限は初回のミーティングから60日となります。


◾️ミーティングでカバーする内容

① Firecrawlとの連携
② Unstructured IOで実装するRAG
③ Difyを最新版へアップデートするときの手順
④ 30分以内にカバーできる内容で参加者が選べるトピック
⑤ Difyを別の環境へ引っ越しさせるときの手順

Difyの使い方に慣れますと助成金申請ボットのようなアプリも簡単に作って公開できます。