英語で学ぶ、ID(Instructional Design):学習理論

英語で学ぶ、ID(Instructional Design):学習理論

通常価格 ¥19,000

プログラムを担当する、『サンミン』がツイッターに投稿して、1万を超える人からふぁぼられた💛こちらのツイート。



英語が出来れば、高校卒業しなくても、大学を出なくても、MITの大学院へ入れる時代です。この、新しい時代をフルで生きるためにも、英語力はいつよりも重要です。

そんな英語力に、英語の勉強で辿り着くのは到底無理です。英語『を』学ぶから、英語『で』学ぶに変えなければなりません。と、声をかけても英語で何を勉強すればいいのかわからない方も多かったです。

2018年英語「で」学ぶのであれば、Instructional Designをオススメしたいです。AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、そしてAI(人口知能)の発達で人類は産業革命ではなく《教育革命》を目の前にしています。教育革命は学校現場だけでなく、医療などを含む様々なビジネスで起きています。

2020年には現行の通信環境(4G)より何十倍も速い5Gの普及で教育革命は更なる進化を成し遂げます。この教育革命で注目を集めているのが、Instructional Designerという職業です。アメリカでは既に2012年から登場し今もジョブマーケットで高い需要を誇っています。

変化の速さと人生100年時代を迎え、学び続ける意識が高まっているのも、Instructional Designerの需要を後押ししています。

今回のプログラムでは10月22日(月)から12月16日(日)まで(8週間)メリーランド大学の「Instructional Design:Learning Theories」クラスを終わらせるのが目標です。

進捗管理で期日までに課題の提出がないと、プログラムから自動的に退会されます。出来たところまでで良いですので、課題は必ず提出してください。本気で最後まで終わらせたい方の参加をお待ちしております。

※本プログラムはクラスを英語面でサポートするプログラムであり、Instructional Designを教えるプログラムではないことをご了承ください。

プログラムの流れは、

  1. プログラム へお申込
  2. Slackコミュニティーへご招待
    ■ 授業内容について英語の意味がわからない箇所があればお答えします。
  3. 毎週木曜日朝5時にあるOffice Hour(オンライン、GoToMeeting)にご招待
    ■前もっていただいた質問に答えたり、Discussion Forumへの書き方などもシェアします
    ■基礎的なInstructional Design(ID)の用語などもシェアする予定です。
    ■Office Hourは録画しますので、参加出来なかった方は、後日見ることも出来ます。
  4. 毎週日曜日に進捗を確認
    ■ Progressレポートを送っていただきます(上記の詳細ページを参照してください)

商品に含まれるサービス


  • Slackコミュニティーへご招待
  • 毎週木曜日朝5時にあるOffice Hourにご招待
  • 毎週日曜日の進捗確認

    注意事項


    • 本プログラムは「Instructional Design:Learning Theories」を英語面でサポートするプログラムであり、Instructional Designを教えるプログラムではないことをご了承ください。
    • edXのクラスへの登録(無料)が必要です。
    • MicroMastersの資格をご希望の方は edX へ$199の支払いが別途必要です。

    関連商品・イベント


    プログラムに参加出来る英語力があるか不安な方は、まず「英語で学ぶ、6ヶ月」で英語のリーディングとリスニングを鍛えてください。

    英語で学ぶ、6ヶ月