カート 0

ハッカーズTOEICリスニング用のアプリ

app review hackers how-to

このブログではハッカーズTOEICリスニング教材に付属しているアプリ(ディクテーションとシャドーイング用)にアクセスする方法を紹介させていただきます。アプリはAdobe社のFlashで出来ていてブラウザからアクセスします。

Before we start


当該アプリへアクセスするためには、ハッカーズサイトへのアカウントを作成する必要があります。アカウント作成の手順は下記リンクを参照してください。

http://bit.ly/29l6xnB

アプリへアクセスする手順を簡単にまとめますと、

  • サイトへ移動
  • ログイン
  • アプリを選択
  • 教材認証

下記手順の動作が確認出来たパソコン環境は以下の通りです。

PC

  • OS: Windows10, Windows7
  • ブラウザ:IE, Chrome, Firefox

MAC

  • ブラウザ:Chrome, Firefox

※ Safariブラウザからは作動しないことがわかりましたので、MACをご利用のユーザーはChromeやFirefoxからアクセスしてください。

なお、Firefoxのブラウザ設定によっては、下記のようにポップアップがブロックされるケースもあります。

その際にはブラウザのポップアップ設定で、ポップアップを許可するように変更が必要です。

サイトへ移動


ハッカーズはグループ企業で運営するサイトもいつくか持っています。今回アクセスするサイトはインターネット講義に特化している「ChampStudy」というサイトです。

サイトへアクセスしますと広告のポップアップで表示されますので、それらのポップアップをまず消してください。

ログイン


広告ポップアップの処理が終わりましたら、サイトへログインしてください。画面の右上にあるログインメニューをクリックします。

しますと、ログインのポップアップが表示されますのでハッカーズサイトのIDとパスワードを適切に入力し、緑色の「로그인」(ログイン)ボタンをクリックしてください。

画面が再ロードし、画面右上のログインメニューがログアウトに変わっていることが確認できます。

アプリの選択


MP3/자료(MP3/資料)メニューにマウスを載せますと下記のようにプルダウンメニューが表示されます。プルダウンメニューの上から3番目の「받아쓰기&쉐도잉 프로그램」(ディクテーション&シャドーイングアプリ)メニューを選択します。

 教材認証


「받아쓰기&쉐도잉 프로그램」(ディクテーション&シャドーイングアプリ)メニューを選択し遷移した画面から、該当するアプリの緑色ボタンをクリックします(下記図参照)。

しますと、「教材の認証が必要です」という下記のポップアップが表示されます。「OK」ボタンを押下し次の画面に遷移します。

次の画面でハッカーズTOEICリスニング教材の認証ができます。下記の図でハイライトしてあるボタンをクリックしてください。

しますと、教材認証用の質問が表示されます。

上記の場合、質問は当解説書141ページの1問の正解は?下の空欄に答え(大文字)を記入し、右隣にある緑色のボタン(입력완료)をクリックします。

※ 下記のように認証に失敗しましたというメッセージが出ますと、画面を一度リフレッシュしてからもう一度解答欄に答えを入力してください。

アプリを堪能


認証が正常に終わりますと、別のブラウザが表示され、下記のような画面でアプリのローディングが始まります。

 

アプリのローディングが終わりますと、アプリの画面が表示され利用可能になります。

 

アプリが提供する様々な機能につきましては下記のリンクを参照してください。

http://bit.ly/28NSHHC

最後に、


ちょいみらいで扱っている参考書の中でオススメはどれですか?という質問をよく聞きます。僕の答えは、ハッカーズTOEICリスニング(850点以上を目指す)とハッカーズTOEICリスニング Start(650点以上を目指す)です。リスニングの教材としても素晴らしいですし、この付属するアプリもリスニングの勉強にとても役立つはずです。但し、解説が韓国語であるため、躊躇している学習者も多いと思います。

同教材を利用し、8月13日(土)からリスニングのオンライン講習会を考えていますので、ご興味のある方は是非参加してみてください。

関連教材


追記


8月3日:動作確認済みの環境を追加しました。



前のブログ 次のブログ


Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published