カート 0

TOEIC教材の仕入れレポート:8月4日

korea procurement store news

今までのroutineは、

  • 8時50分:羽田出発
  • 11時10分:金浦到着
  • 12時30分:カンナム教保文庫
  • 16時ごろ:金浦空港
  • 17時30分:チェックイン
  • 18時ごろ:金浦空港の永豊文庫
  • 19時30分:ボーディング
  • 22時:羽田到着

嬉しいことに取り扱っている教材の数やユーザーからのリクエストも増えて来て、カンナム教保文庫で全ての用事を済ませることが出来なくなりました。このブログでは8月4日の仕入れ旅の記録をシェアします。

横浜


いつも通りに横浜のYCATで6時のバスに乗って、羽田空港に向かいます。


<Morning Sun in Minatomirai, created with PRISMA>

仕入れ教材


今回の目当て商品は、何と言っても8月1日に発売されたハッカーズの問題集です。ユーザーからの関心も高くLCとRCを合わせ予約注文が30冊。その次の狙いは依然人気の高い「EZ-IIのPart5,6 1560問」。今回カンナムではなく光化門にある教保文庫に足を運んだのも、EZ-IIの在庫を一番多く持っていたからです。また、33TOEICやクール・スクールの教材も在庫切れ状態になっていましたので、合わせて仕入れる予定でした。

教保文庫、光化門店


大学がこの近くにありましたので、大学生(1993年)の時にはよく足を運んでた場所でもあり、懐かったです。

店を入るとすぐ右となりがこの光景です。壁一面がTOEIC教材でずらりと。カンナムの教保文庫もTOEIC教材は随分揃えていますが、これほどのインパクトはなかったですね。

驚きながら近くにある外国語コーナーへ移動です。こちらも壁と本棚に外国語の参考書と教材を求めている人で賑やかでした。

本が置いてあるすぐ隣には縦長いテーブルと椅子が用意されていて気軽に読書を楽しめるようになってました。夏休み中というのもあったと思いますが、テーブルは空いてる席が一つもないぐらい、人でいっぱいでした。

目当てだった、「イジツTOEICの急上昇NEW 1560問」をゲットし次に移動したのが教保文庫の木洞店です。

教保文庫の木洞店

こちらの店は光化門とカンナムより、希望は小さかったですが注文依頼があった、2013年発売のハッカーズ問題集を取り扱っていましたので、足を運びました。また、この店舗のメリットは最寄駅の「오목교(オモクギョ)」が金浦空港から電車で15分で、移動がとても便利な点です。ここにもテーブルと椅子が置いてありましたね。

この店では、2013年発売のハッカーズ問題集を購入し、他の教材も仕入れることができました。今回仕入れる教材の中で一番予約注文が多かったのが8月1日発売されたハッカーズの問題集です。どんな問題が収録されているのか立ち読み中の様子です。

 

ヨンプン文庫、金浦空港店


ここからはいつものroutineと一緒です。17時半にチェックインをし、身を軽くしてから何か面白い本がないかと期待しながら、近くにあるヨンプン文庫へ寄りました。

事前に「イジツTOEICの急上昇NEW 1560問」 が一冊置いてあることを確認しましたので、まず向かったのは前回同教材が置いてあった本棚です。

上記の写真は前回(7月26日)ツイッターに投稿した写真とそっくりでしたので笑っちゃいます。

 金浦空港


全ての用事を済ませて、ボーディングを待っている間、飛行機の後ろに綺麗な夕日が映ってました。

最後に、


予約注文の発送は今日(8月5日)からです。1日で発送した教材数で、今までの記録は7月20日の15件でした。今日はその記録を軽々と超えます。ハッカーズの問題集は商品発送の準備を全部終えてから解きます。その後に感想のブログもアップする予定です。

 関連教材




前のブログ 次のブログ


Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published